こんにちは!5期生のまゆこです。


あっという間の4月

不測の事態に皆様ストレスや不安を

抱えてる方は多いのではないでしょうか

家で過ごす時間がある時こそ

自分自身に目を向ける

そこで見つけた興味から世界へと

目を向けれるようになったらなと

思っています!



今回は、フェアトレード のコスメのご紹介をしたいと思います。


昨年の2月、大学生で「Barebueger」というオーガニックハンバーガー店

でバイトをしていました。そこで、料理長からもらったプレゼント、、、



それが、このフェアトレード ブランド

「SHE」というブランドのリップバームでした✨


私がフェアトレード考えるきっかけになったコスメです。





✴︎フェアトレード ブランドの「SHE」って?


http://www.craftlink.jp/she.html


She with Shapla Neerは、バングラデシュのマイメンシンと、ネパールのピュータンという、彼女たちの住む場所にちなんだ2つのラインアップで展開をしています。


バングラデシュの現状として、経済的理由により学校に行くことができない、麻薬、女性たちは対価を得るため売春をし、生計を立てているという状況が未だにあります。

私自身、学び始めたばかりなので一概にこういう状況であるとは言えませんが、世界にはこういった状況で生活している人々がいます。


このような状況から少女たちを救うため、日本のNGOであるシャプラニールは、「貧困層の女の子たちがどこにいるのか?」という問題意識から調査を行い、首都ダッカで家事使用人として働く少女たちの支援を日本政府と協力して行うようになりました。


少女たちが支援センターで勉強や職業訓練を受けられるように現地NGOへの働きかけをシャプラニールは行いました。支援センターでは、少女たちが将来自立できるように読み書きや計算などを教えたり、アイロンかけや料理およびミシンを使った縫製などの職業訓練を行い、その中で石鹸作りもして、この「SHE 」ブランドのコスメが出来上がりました。



✴︎SHE ブランドの特徴

・アーユルウェーダ のレシピに基づき、ハーブをふんだんに使用

・オーガニック栽培の植物をふんだんに配合

・100%天然素材

・全てハンドメイド!!


石鹸もパッケージも全てハンドメイドです

箱から、ロゴの印刷も一つ一つすべて手作業。

紙の原料にはリサイクルコットンを使用。

リサイクルコットンの準備から、洗浄、水分除去、乾燥、仕上げまで

バングラデシュの女性たちが一つ一つ行い、パッケージ作りをしています。


冬場はとても冷たく、力もいる作業とのこと、、





✴︎中身はこんな感じ↓

レモングラスの匂いでリップだけではなく乾燥が気になるところに

塗っています。私はリラックスしたいときに鼻の下につけちゃったり

首につけちゃったりしています。笑



今は廃盤になってしまい、購入できないのですがソープは取り扱いがあるようです!

以下のリンクからぜひチェックしてみてください。



✴︎Mymensingh LINE UP -バングラデシュ-✴︎

・FACEソープ

・BODYソープ
・HAIRソープ
赤ちゃんにも使えるみたいです!!



今回は私が使っているリップバームのご紹介でした。

このリップバームに出会い、実際に女性たちが作る場所へ

行ってみたい!現地の女性に出会い、直接声を聞き、

学びたいと強く感じました。

廃盤にはなってしまってはいるのですが、「SHE」という

ブランドがNGO法人のシャプラニールが出しているコスメブランドで

あること、それが世界の女性たちを救う一つとしてあることを皆様に

共有できたらとおもいブログを書きました。


他にも何か情報があれば共有していただけたらなと思っています!





最後まで見てくださりありがとうございました。