こんにちは!今日は日本は雪が降ったと聞きました、こちらは早くもだんだん暖かくなってきていて、今はコートを着なくても過ごせるようなとてもいい気候となっています、みなさんも寒いのでどうか体調だけはお気を付けください!


さて、今回のテーマはベジタリアンについてです🌿

続く自信がなく大きな声で言うことができなかったのですが、私は渡米してからベジタリアンになりました!きっかけはLLL映画館にあったcow spiracyを実際に見て肉食がいかに環境に影響を及ぼしているのかを知ったことです。


↑こちらがさやかさんが投稿してくださった記事になります🌈


これを見て、環境問題に興味があると口にしているくせに一番影響を与えている肉食を自分が行なっている矛盾に気づき、それならお肉をやめてみようと思いました。また、留学という機会を用いて英語以外の部分でも何か成長したいと感じました。主にこの2つの理由から思い切ってチャレンジしようと思えたのです。


私はもともと大のお肉好き、1日3食の全てでお肉を摂取したいし、焼肉の食べ放題もお腹がはち切れるほどお肉を食べるのがすきでした。このチャレンジを始めるまでは自分がお肉を摂取しないことなどできるのかという不安が強かったです。


しかしアメリカは外食でも日本よりもベジタリアンやビーガンの選択肢が多くあったり身近な友人が環境のためにベジタリアンだったりとお肉を絶ちやすい環境にありました。


現在4ヶ月ほど経過しましたが無理なくつづけることができています🌟

その理由に、スーパーなどにお肉とほとんど変わらない味の大豆ミートがあり、それを利用することで限りなくお肉に近いものが食べられているからだと感じます。


こちらが私が利用している大豆ミートです。ひき肉のような感覚で利用しています。

おそらく日本にも大豆ミートがあると思うので、気になる方はぜひチェックしてみてください、味の美味しさは保証します!アメリカではスーパーでも入ってすぐのところに置いてあり、様々なところで目にする機会があります

あまり美味しそうな見た目とは言えないのですが、こちらがその大豆ミートを用いて料理したものです。きちんと味は美味しかったです😂

上はカレー、下はガパオ風ライスになります!他にもそぼろごはんやハンバーグ、麻婆豆腐などにも利用しました!

味は本当にお肉のようで、私がベジタリアンだということを知らない友人にこれを用いたそぼろ丼をご馳走した際「お肉美味しい!」と言っていました(笑)

お肉でないことを言ったら自分もベジタリアンになれるかもしれないと喜んでくれました🌞


また、私は続けられるように、外食ではお肉を食べていいというルールを作っています。友人に焼肉などのお肉料理に誘われた際自分がベジタリアンであることから断ることが申し訳なく思った経験から、このように完全ではないのですが、無理なく続けられるようになりました🌿


ちなみにですが、何気なく入ったカフェやどこにでもあるチェーン店などの外食でもこのように、キノコなどを使ったベジタリアンメニューも迷ってしまうほどたくさんあるので、妥協したくない!という方は外食でも実行することができます!


たんぱく質はお肉がなくてもヨーグルト、豆腐、お豆などたくさん摂取する機会があるため今の所健康上もあまり問題がなく、楽しくつづけられています☺️


ベジタリアンと聞くと私には無理と壁を作ってしまいがちだと思うのですが、このブログで少しでも興味を持っていただくことができたら嬉しいです🌈

ユーチューブで検索すると海外のユーチュバーの方々がレシピを紹介していてそちらを見るだけでも楽しいと思います!


長くなってしまいましたが、今月はこちらで失礼します、更新すると言った最終日曜日にはいつも投稿することができずすみません、今月も頑張りましょう🌿