遅刻してしまいましてすみませ


さて今回のテーマはエコバッグです。前回の終わりにTシャツなんてことを宣言しましたが、前言撤回で今回はエコバッグをやります。

なぜエコバッグに変更したかは、月曜のめぐる旅会議での会話に基づいております。とだけいっておきます(笑)



メインで2つ紹介し、1つおまけで紹介させていただきます。リニューアル時にメディアでエコバッグについて特集してもらって大変な反響だったのですが、そこで取り上げられてなかったものと、新発売に近いくらいもの。この二本柱です。



では、スタート!!

ひとつ目は、チケットトゥーザムーンというインドネシアのバリ島生まれのブランドのエコバッグ。

写真の通り、手乗りサイズです。

このブランドは基本的にはキャンプ用のハンモックをパラシュート生地を使って作っている会社です。そして、ホームページでは自ら「エシカル」を明記おり、TTTM Foundationという基金?も設置してます。詳しくはHP↓

https://www.ticketothemoon.com/page/ticket-to-the-moon


地元の工場にて職人がハンドメイドで作っているハンモック、そのハンモックを作るときに余った生地などを再利用されて作られたアップサイクル品✨そしてバイカラーの配色がかわいい😍

軽量で丈夫、携帯性◎

斜め掛けするとこんな感じ。
リュックもあります。カラバリも複数。


アップサイクルなだけあって、いかにもエコバッグな感じではないおしゃれな見た目が推せる!笑




続きまして、②

香港生まれのナノバッグ2.0。

さっきのが手のひらサイズだったのに対し、こちらはジーンズのコインポケットくらいのサイズ感。


さらに利便性が高いこいつ、


これはテントに使われるリップストップ素材を使用した生地のバッグ。リップストップ素材を使った生地はざっくり言うと、めちゃくちゃ耐久性高めの丈夫な生地(笑)


もし穴が開いてしまったり、裂けてしまったりしても、生地の特性上、その傷を広げずに食い止めるというハイテクさ。

液体をまんま入れても安心ですね(笑)


紹介してくれたメーカーさんによると、災害時にも持ってれば重宝するアイテム。

軽量で生地も薄いのに、結構な重さに耐えらる。25KGって幼稚園児くらいなら運べそうですね。


どちらも収納がめちゃくちゃ楽です。エコバッグって畳むのがダルいけど、これはそんな煩わしさはなく、クシュクシュ〜ってOK。

知り合いがシェアしてくれたので、ご参考までに、


メインはこれで終わり。



おまけに、ぼくが休憩時間にコンビニでごはんを買うときに、レジ袋もらわないために使ってるやつをご紹介。

ロフトのオリジナルエコバッグ小サイズ。

デザインはアートディレクターの平林奈緒美さんという方、けっこう有名な人だそう。

こいつは、マチがしっかりあって、お弁当にぴったりで、ちゃんと平置きできるので、愛用しております。


皆さま安心してください、これらは銀座ロフトで販売している商品ですよ😊 

 おわりまーーす。