こんばんは。
4期生のさきと申します。


期日ぎりっぎりの投稿で大変申し訳ないですが

初めてのブログ、何か1つでも皆さんのお役に立てれば光栄です。


今回私は
7月11,12日の2日間でNEMOHAMOものづくりの旅京都編にて
NEMOHAMOさんのショップがある京都のGOOD NATURE STATIONと
京都で調達している原材料のクロモジ(黒文字)の生産地である

K•Kファームさんの森を訪ねました。

*「グッドネイチャー」なモノ・コトが集まる場所「GOOD NATURE STATION」
まずNEMOHAMOさんの店舗があるGOOD NATURE STATIONについて。



私たちはコンダクターの方のガイド付きで
GOOD NATURE STATION館内を巡るツアーに参加しました🍃


メイン画像は館内の壁に書かれている言葉で
他にも心に留めておきたい言葉がたっくさん館内に散りばめられていました。

以下はHPからの抜粋です。
“信じられるものだけを、美味しく、楽しく。

人も地球も元気にする「グッドネイチャー」なモノ・コトが集まる場所”をめざし、

「GOOD NATURE STATION」
という名称になったそうです。

館内ツアーを通して
まさに、「グッドネイチャー」なモノ・コトにたくさん触れることができました。


例えば、1Fのマーケット
イートインスペースがあったのですが、

そこのゴミ捨て場はこのようになっています。



細かく分別するのが特徴。
その理由は、食品廃棄物を収集してお米の堆肥として利用しているから!
写真はないですが、館内の飲食店から出た食品廃棄物を堆肥化している

コンポストも見学させていただきました。


それから、3FのNEMOHAMOさんの売り場も見学させていただき、
プロダクトのタッチアップしていただきました。

心を奪われる素敵な店内と丁寧な接客に心がじんわりと温まり、
いつまでもいたいな~と思える空間でした。

私の中では、この展示がとっても印象に残っています!


せっけんは、このようなインパクトある展示がされていました。


館内のパティスリー「RAU」でシェフパティシエをしている松下さんに、
RAUで提供している「デセール」やコスタリカの有機カカオについて

お話を伺う機会も。
デセールの型は自分で手作りなさったそうで、

ここでしか味わうことのできない唯一無二の存在。


こちらの写真はモンブランなのですが、

Mont blanc(白い山)というフランス語の意味通りの真っ白!


雲がかかっている雪山をイメージされたそうで、

可愛いのはもちろんとっても美味しかったです。



*捨てるものなどなに1つもない土地


2日目は京都で調達している原材料のクロモジ(黒文字)の生産地である

K•Kファームさんの森へ伺いました。



1日目はあいにくの雨で、

K•Kファームさんの森へ行けるか怪しいという話もありましたが、
2日目はなんとか天気が持ってくれました!



精油採取や山の見学に連れて行っていただきました。

こちらの写真の右の装置で製油を採取しているのですが
使用している道具はラーメン屋さんで使用するような大きなお鍋と、ボール。
なんと皆さんで手づくりされたそうで!アイディアに驚きました。

精油の採取方法ですが、
お鍋の中に枝葉のチップを入れ、廃材などを薪とし焚き上げています。
焚き上げられて蒸留した油が精油となります。


焚き上げられた後の枝葉を利用して、足浴をさせていただきました!
心地いいあたたかさと枝葉のいい香りは癒し効果抜群です。



山の見学では、K・Kファームの村山さんから山に対する思いをお聞きしました。
経済価値がない山は放置されてしまうそうですが、

荒れたまま放置された山を整えるだけでなく
その山で生きている草木に価値を見出したのが村山さん。

精油採取の工程でも感じましたが、
何一つとして「無駄にしない・捨てない」姿勢には本当に感銘を受けました。



「もったいない」の精神
私が今回のNEMOHAMOものづくりの旅京都編に応募した理由は、
日々の生活で「もったいない」と思う気持ちの消化の仕方を

見つけられたらと思ったからです。


ただ思っているだけの私が、

その気持ちを行動に移している方たちのお仕事に触れることで、

一歩前に進めるのではないかと考えました。


なかなかラボの活動に参加できなかったこともあり、

応募する事自体に恐縮していましたが

勇気を振り絞って応募し、参加させていただけたことで

たっくさんの学びがありました。

植物の根も、葉も、茎も、花も、実も。
すべての生きるちからをいただいているNEMOHAMOさんのものづくりに触れて、
私が今回知ることのできたものづくりの工程や、作っている方たちの想いが
もっと人に広まって浸透していけばいいなと思いました。

こんなにプロダクトに心を鷲掴みにされたのは初めてで、
知れば知るほど、どんどんとNEMOHAMOさんのファンになっていく
そんな2日間でした。

旅に応募した理由である、「もったいない」と思うの気持ちの消化の仕方ですが

私にできる方法は、

自分の代わりに「もったいない」を生みださないようにしている生産者の皆さんを

購入という投票で応援していくことだと再確認できました。

今回の旅で、自分の身の回りのものへの興味がぐんっと高まりました。
自分の中にある「もったいない」の気持ちに目を背けず、

胸を張ってこれを応援しています!
ということができるプロダクトに出逢えたことに本当に感謝しています。
それと同時に、このような素敵な機会を与えてくださったことと
関わってくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

これからも、自らの足を使って素敵なプロダクトにたくさん出逢い

たくさん応援していきたいと思える旅でした。