おはようございます!みんです。チョコについてのお話です🍫


私は大学時代にインドネシアに留学し、カカオ農家の調査を行っていました。当たり前に口にするチョコレートは、消費者にも原料生産者にもその加工工程についてあまり知られていないことに気づき、これまで「カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ」を開催しました。本当なら、ラボメンバーでチョコ作りを実際に行うワークショップを開催したかったのですが、おうち時間に挑戦したい!という方もいるかと思い、ブログにすることにしました。


このブログでは、農園でカカオが収穫され、実際にお家でチョコ作りができるまでを写真を使いながら紹介して行きたいと思います。

①カカオ豆が日本に来るまで ーインドネシアから日本ー
チョコの原料カカオ豆はどこから来るのでしょう。ガーナやコートジボワールなどアフリカ、中南米、ベトナムなど東南アジア、太平洋の島々など、様々なところでカカオ豆は作られます。私が知っているのはインドネシアの島のあくまで一例です。


カカオの木・花

苗を植えてから3年ほどで果実を付け始めます。カカオの花はとても小さく、枝からちょこっと出てきます。1000ほどの花から実際に果実が付くのはひとつくらい。


カカオの実

これがカカオの実。大きな収穫期は年に2回。

カラフルな色はカカオの品種によって生まれます。

また、熟すと色が変わるものも。いろんな種を農園に植えることで、病気も防ぎます。


カカオパルプ

実を割るとこのようになっていて、白い部分は果実。バナナ+ライチの味に似ていて甘酸っぱくて美味しいです。南国でしか味わえない貴重な味でしたが、最近は「パルプジュース」と言って日本でも販売していることがあります。(もちろんフレッシュをぜひ体感してほしい!笑)

カカオ豆はこの中にあります。実はカカオ豆は種なのです。


実からパルプと種を取り出して...


実はあまり知られていませんが、チョコは発酵食品。収穫したカカオ豆を5日程度発酵させます。木箱に入れて、バナナの葉をのせておくと、葉のうらについた酵母によって発酵が促進されます。


発酵が終わったら、天日干しで乾燥します。

発酵・乾燥した後の豆。


このカカオ豆は、通常だと、工場へ運ばれ、焙煎→カカオマス(お砂糖などが入っていない100%のチョコレートペースト)などに加工され、いわゆるチョコレート工場(砂糖や香料などを加えて製品にする)へ運ばれていきます。


近年では、Bean To Bar (ビーントゥーバー)と呼ばれる、カカオ豆(Bean)を農家から買い付け、チョコレート(一般的には板チョコなのでBar)を製造するメーカーが増えています。

では、カカオ豆からチョコレートをお家で作ってみましょう。


② \おうちで!/ カカオ豆からチョコ作り


用意するもの:カカオ豆100g (焙煎済)、お砂糖40g (お好み)

道具:すり鉢又はフードプロセッサー、ボウル、クッキングシート


まず、カカオ豆のカラを剥いていきます。パリッとナッツ感覚で剥けます。ぜひ一つ食べてみてください。サラダ等にかけてもOK!


殻をとったらすり潰していきます。滑らかになるまで、根気よく。湯銭をすると溶けやすいです。

結構時間がかかり、ひとりですると心が折れそうになります笑
ユーチューバー seikin さんのカカオ豆からチョコ作り動画をぜひ。



とろとろになったらお砂糖を入れてさらに混ぜます。


滑らかになったら、クッキングシートなどにのばします。


チョコレート菓子のマンディアンイメージで、
お好みでナッツやドライフルーツをのせて、冷蔵庫で20〜30分ほどチョコが固まるまで冷やします。本当にシンプルなチョコレートの完成です。

カカオ豆をむいた時に出たカラは煮出してお茶にも。
さっぱりしていて飲みやすい、クセになる味です。

以上、カカオ豆からチョコ作りの紹介でした〜


オンラインでカカオ豆を変えるBean To Bar チョコレート屋さんは多くはありませんが、
楽天市場やアマゾンでも販売しています。
コーヒーやお茶のように産地の違いをぜひ楽しんでみて!

私が以前働いていたチョコレート屋さん@京都
ではカカオ豆を生豆(ご自宅でフライパン等で焙煎が必要)・ロースト豆(焙煎済みのためから剥きからでOK!)を販売しています。


ローストカカオ豆

100g / 1,200yen + tax
https://dari-k.shop-pro.jp/?pid=32296683

そのお店が今、

医療従事者の方達を応援する素敵な取り組みを行っています。

自分や友人のためにチョコ商品を購入すると、
医療従事者にもチョコレートが届けられる仕組みのようです!


https://dari-k.shop-pro.jp/?mode=f2&fbclid=IwAR1NQgKY-ZpA8w1kZ0RdzWrlbhKbUsE5Ae9qJ7EQDrKcaO4h92Pu7a8J4HE


残念ながらカカオ豆は対象商品ではありませんが、医療従事者の方達に自分も何かしたい!という方、ぜひのぞいてみてください〜!